TIGの記録

もしかしたら日常生活で役に立つかもしれない

太鼓の達人wii1を今更やってみた感想

和太鼓無料イラストなら「イラストAC」

 


もともとリズムゲームをほとんどやらない人類なのですが、友達とゲームセンターで太鼓の達人をしたときに下手すぎて悲しくなったので、太鼓の達人wii1を買ってみました。

そこで太鼓の達人wii1を遊んでみた感想や良い点、問題点をまとめようと思います。

太鼓の達人wii1ってどんなゲーム?

 「ドン」という赤い音符で和太鼓の面を叩き、「カッ」という青い音符で和太鼓のフチを叩くゲームです。

太鼓の達人wii1では、タタコンという太鼓の形をしたコントローラーだけでなく、wiiリモコンでも遊ぶことができます。

太鼓の達人wii1の良い点

曲の収録数は70曲しかありませんが、ラインナップが良いように感じました。

「夏祭り」を始めとした初心者練習用の曲が割と揃っていて、2000シリーズが10曲もあります!(さいたま2000~X-DAY2000)

据え置きの太鼓の達人で2000シリーズがここまで揃っているのは、太鼓の達人wii1くらいでしょう。

他にも「エンジェルドリーム」や「風のファンタジー」などいい感じの曲が多く、ノリノリで楽しむことができると思います。

太鼓の達人wii1の問題点

私が唯一問題だと思ったのが、隠し要素の解放条件ですね。

・王冠(ノルマクリア)100コ、200コ
・金の王冠(フルコンボ)100コ

太鼓の達人wii1は70曲で難易度が4つに分かれているので、王冠は最大280コです。

つまり王冠200コを達成するためには、ほぼすべての曲と難易度で遊ばなければなりません。

他にも下記のような条件があります。

・かんたん50曲クリア
・ふつう50曲クリア
・むずかしい50曲クリア
・おに50曲クリア

解放されるのが演奏オプションのためそこまで問題ないかもしれませんが、全曲が70曲しかないのに対してこの条件は流石にキツすぎると感じました。

初心者の人が「おに50曲クリア」、「むずかしい50曲クリア」は厳しい可能性が高く、中級者や上級者からすると「かんたん50曲クリア」、「ふつう50曲クリア」が退屈になるでしょう。

「曲と演奏オプションをさっさと開放して遊びたい!」という人には苦痛になるかもしれません。

太鼓の達人wii1をやってみた感想

何回も練習して、とりあえず「むずかしい」を全曲クリアできるようにはなりました。

繰り返しやっていくうちに、成長している感じがするので気持ちがいいですね。

「鬼」は☆6~7あたりまでしかできないので、複合を練習して☆8~10もできるレベルになりたいです。

wiiリモコンで遊んでいましたが操作性に問題はなく、良曲も多かったので楽しく遊べました。

まだ「鬼」はほとんどクリアしていないので、しばらく遊ばせてもらうと思います。

中古ならかなり安く買えるので、気になったなら買ってみてもいいかもしれません。