私が読んだ本の感想まとめ【その1】

今週のお題「読書の秋」

読書

この記事では私が読んだ5冊の本の感想を簡単にまとめておこうと思います。

読む本に悩んでいる人の参考になれば幸いです。

新しい文章力の教室

私がクラウドワークスを始めてちょっとした頃、「文章について少し勉強したほうがいいかな~」と思って購入した本です。

読みやすい本で、ライティングの基本や文章を書くときに気をつけたいことなどを学べました。

ブログやライティングに活かせているといいな。

ストレスゼロの生き方

読むと気が楽になる本。

「もう少し自分を大切に、もう少し正直に生きよう」と思いました。

1節が約2ページなので、読書が苦手な人でも読みやすいと思います。

1日1節ペースで読み、100日で1冊読み終えるようにしてもいいかもしれません。(この本は100節)

あと筋トレがいいらしいです。(私は有酸素運動派)

はじめまして、法学

ちょっと気になったので読んだ本。

家族に関する法や事故に関する法など、身近なものを取り扱っているので、頭に入りやすかったです。

説明もわかりやすいので、法学の入門にいいのではないでしょうか。

スマホ脳

どこかの本屋で見て、ずっと気になっていたので購入した本。

スマホが私たちに与える影響について主に書かれています。

この本はスマホとの付き合い方を見直すいいきっかけになりました。

一流の頭脳

スマホ脳と同じ作者だったので読んでみました。

「やはり運動・・・・!!運動は全てを解決する・・・・!!」って感じの本。

運動は健康だけでなく、脳にもいいみたいです。

本の最後にある参考文献の量が凄いと思いました。

まとめ

読んだ本の振り返りをしたかったので、とりあえず書いてみました。

この記事が読書のきっかけになれば幸いです。