桃鉄のゾンビボンビーとデビルボンビーを比べてみた

虫歯菌

桃鉄のゲストボンビーの中で凶悪な部類に入るゾンビボンビーデビルボンビー

どちらのボンビーも、カード枠を損害系でいっぱいにしてしまいます。

今回は、悪行が似ている両者を比べてみようと思います。

ゾンビボンビー

ゾンビボンビーとは、桃鉄16北海道大移動で登場するゲストボンビーの一人です。

悪行の内容は、カードが使えなくなる+手持ちのカードを腐らせて損害系カードにしてしまうというもの。

デビルボンビー

デビルボンビーとは、桃鉄worldで登場するゲストボンビーの一人です。

毎ターン、数枚の損害系カードを吐き出します

両者の共通点

損害系カードまみれになる

ゾンビボンビーとデビルボンビーの悪行を受けた後は、カード枠が損害系まみれになってしまいます

捨てられないものばかりなので、カードの効果が切れるのを待つか、シュレッダーカードやおはらいカードなどで対処しましょう。

ゾンビカードを手に入れる可能性がある

この2人のボンビーが凶悪とされている理由がゾンビカードです。

ゾンビカードは、持っていると毎月のターン終了時に持ち金が半分になってしまいます。

ゾンビカードの効果は数ヶ月続くので、効果が切れるころには数億円程度になっていることも。

両者の違う点

カード枠の圧迫のしやすさ

桃鉄16はカード枠が進行形5枚・便利系8枚なのに対し、桃鉄worldは進行と便利が共通で8枚です。

よって、デビルボンビーのほうがカード枠を圧迫しやすいと言えます。

実際、3ターンくらいでカード枠が埋まることもあります。

持ち金の減りやすさ

持ち金が減りやすいのはゾンビボンビーです。

理由として、桃鉄worldの損害系カードが無駄に多いことが挙げられます。

持ったまま6ヶ月経過するとアメリカに飛ばされる「アメリカード」、売却や捨てることが3年間できない「石の上にも三年カード」などがあります。

デビルボンビーの場合はカードが使える

デビルボンビーは、ゾンビボンビーと違ってカードが使えます

デビルボンビーにとりつかれた場合は、進行形カードやサミットカード、ぴったりカードなどで擦り付けることが可能です。

ゾンビボンビーは腐らせるカードがないと貧乏神に戻る

ゾンビボンビーは、腐らせるカードがなくなると元に戻ります

そのため、サイコロで運よくカード売り場にたどり着けたなら、持っているカードをすべて売って被害を抑えるという対策があります。

まとめ

今回は、ゾンビボンビーとデビルボンビーについてまとめてみました。

似たような能力ですが、それぞれ違ういやらしさがありますね。

擦り付けが難しいゾンビボンビーカードが損害系で埋まりやすいデビルボンビー

あなたはどちらがより凶悪だと思いますか?