TIGの記録

もしかしたら日常生活で役に立つかもしれない

紙の本のメリットとデメリットを私の経験から語ってみる

本棚フリー写真素材ぱくたそ

 
昔は本と言えば紙でしたが、今は電子書籍もあるので「本=紙」という時代は終わっていますね。

電子書籍には電子書籍の良さが、紙の本には紙の本の良さがあるでしょう。

ちなみに私は紙の本の方が好きです。

そこで今回はよく紙の本で読書をする私の経験を踏まえて、紙の本のメリットとデメリットについて紹介しようと思います。

紙の本のメリット

本を読むねこ無料イラストなら「イラストAC」

早速、紙の本のメリットについて見ていきましょう。
読書好きで紙の本が好きなら、共感できる部分もあると思います。

自由に書き込める


私が紙の本を愛用している一番の理由がこれです。
紙の本に自分の文字で書き込めること。

私は参考書にも気づきなどを書き込むタイプなので、読書をするときもよく書き込みをします。

一度読んだ本を見返してみると、「当時の自分はこんなこと考えてたのか」、「なんでここに線を引いてるんだ?」などの発見があって面白いです。

中古だと安く買える


新品で買うと1000円以上するのに、中古で買うと300円以下で買えるといったことがよくあります。

中古本だと安く入手しやすいのも、本の良いところでしょう。

最近は本屋だけでなくフリマアプリでも中古本を買えます。

フリマアプリを使うと本を探す手間が省けていいのですが、あえて本屋の中古本エリアを宝探し感覚でウロウロすることもあります。

売れる


文字通りです。
紙の本だと本を整理する時や本があまり面白くなかった時に売ることができます。

人気の本だとフリマアプリで高く売れることも!
売るのが面倒くさいときは、本屋に売ることもあります。

本を読むのに集中できる


電子書籍だとスマホの通知とかに惑わされそうになるのですが、紙の本に通知が届くことはないので読書に集中できます。

紙をめくりながら読むので、本を読んでる感があるのも良いと思います。

眺めが良い


紙の本を並べることで、「自分はこれだけ本を読んだのか」と実感することができます。

並んでいる本の中から適当に一冊取って、振り返ることもあります。
本の背表紙が並んでいるのを眺めるのも良いものです。

謎の優越感


ここはかなり個人的な意見なので流しながら見てください。

電車内などで紙の本を読むと、「周りはスマホをいじっているけど自分は本を読んでいてえらい!」という謎の優越感に浸れます。

電子書籍の場合は、周りと同じように過ごしていると見せかけて頑張っているという影の努力家感が出ますね。

紙の本のデメリット

ボーっとしてる子無料イラストなら「イラストAC」

続いてデメリットを紹介していきます。
紙の本を使っていて特に私がデメリットと感じた部分をまとめます。

持ち運びにくい


持ち運ぶ場合、本のスペースの確保が必要になります。
私はリュックサックやカバンに本を入れることがありますが、結構かさばります

また紙の本は、数百ページにもなる紙が合わさってできているので重いです。
電車内で立って読んでいると手が疲れることもあります。

新品は高い


新品だと電子書籍と比べて高いことが多いので、新品が買いにくいというデメリットもあります。

電子書籍だとキャンペーンやセールなどをやっていることがありますが、紙の本だとほとんどありません

これは、しょうがない部分もありますね。

すぐに手に入らないことがある


紙の本の場合、目的の本が本屋で必ず見つかるとは限りません

ネットで購入することも可能ですが、買ったらすぐ読める電子書籍と違い、届くまでに時間が必要です。

めちゃくちゃ読みたい本が本屋になくてネットで頼むしかないとなると、じれったい気持ちを抱えながら本の到着を待つことになります。

「待ちたくなければ電子書籍買え」って話なんですけどね。

まとめ

私が感じた紙の本のメリットとデメリットをまとめてみました。

デメリットもある紙の本ですが、それでも紙の本を使うのはやっぱり好きだからですかね。

どんなものにもメリットとデメリットがあるので、自分の目的に合わせて選ぶようにしたいですね。