twitterの勧誘DMあるあるについてまとめてみた

素晴らしい壺です

ブログ用のtwitterを運用しているとほぼ必ず現れる勧誘DM。

今回はtwitterの勧誘DMあるあるをまとめてみようと思います。

最初はただの挨拶

勧誘DMって最初は「気になったのでフォローしました!」や「フォローバックありがとうございます!」などの挨拶が多いです。

勧誘DMをもらったことがない人から見ると「丁寧な人だな~」という印象を受け、ついつい返信してしまいます。

初見では基本的に見抜けないのでタチが悪いです。

目標やきっかけを聞きたがる

勧誘DMの相手をしていると高確率で目標やブログを始めたきっかけなどについて聞いてきます。

「収益化について考えていますか?」、「将来、独立などを考えていますか?」、「ブログを始めたきっかけは何ですか?」などです。

これらの質問に「特にない」や「何となく」のような意識の低い回答をすると、急に返信率が悪くなるので面白いです。

「収益化したいです!→収益化は難しいので私が教えましょう→リンク誘導」のような流れがつくりにくいからかな?

テンプレ感がすごい

何回か勧誘DMの相手をしたことがある人ならわかると思いますが、DMの流れはだいたい同じです。

なにかテンプレのようなものがあるんですかね?

名前を間違える

勧誘DMを送ってくる人の中には、挨拶の時点で名前を間違えてくる人もいます。

私が体験したのだと「○○さん、こんにちは!」や「TIOGさんこんばんは!」などですね。

せめて名前くらい間違えずに書けと思います。

DMが来たら勧誘DMかと身構えてしまう

勧誘DMを体験してしまうとDMが来たときに「また勧誘DMか」と身構えるようになります。

ただ、フォロバしてすぐにDMを送ってくる人はだいたい勧誘目的なので、とりあえず無視して大丈夫です。

普通のブロガーさんはDMで自己紹介なんかしません

「フォローありがとうございます!」はリプで送ってくることが多いです。

まとめ:勧誘DMは基本的に無視

勧誘DMを経験したことがある人なら共感できる部分も多かったのではないでしょうか?

「DM=勧誘」というわけではありませんが、ブログ用のtwitterアカウントを作る人は注意したほうが良さそうです。

勧誘DMは時間と体力と精神力が奪われるだけなので、無視していいでしょう。