【感想・レビュー】オーディオブックを通学中に使うメリットとデメリット

読書

「通学中の読書をもっと気楽にしたい!」と思っている時に見つけたのが、audiobook.jp(オーディオブックドットジェイピー)

どうやら、このサービスを活用すると、音楽のように聴くことで読書が楽しめるみたいです。

聴き放題プランなら14日間無料お試しができるようなので、とりあえず使ってみました。

この記事では、オーディオブックを電車内で使うメリットとデメリットについてまとめていきます。

オーディオブック聴き放題なら - audiobook.jp

オーディオブックのメリット

キラキラ

電車内での読書がやりやすい

私は電車内でも紙の本を使って読書をしていました。

ただ、紙の本だと、人が多いときにカバンから取り出せなかったり、疲れている時には本を取り出す体力がなかったりします。

一方で、オーディオブックは、スマホのアプリを開いてイヤホンに繋げばいいので、電車内で読書の態勢に入るのがめちゃくちゃ楽です。

一定のペースで読める

紙の本だと、電車の揺れでどこを読んでいるかわからなくなった、目が疲れてやめる、などで頻繁に読書のペースが下がります。

一方、オーディオブックは流れてくる音声を聴くことで読書をするので、一定のペースで読むことができます。

また、音声のスピードは0.5~4倍速まで0.1単位で調整が可能です。

私は1.5~1.8倍速の間で聴くことが多い気がします。

カバンが重くならない

紙の本だとカバンが無駄に重くなってしまうので複数の本を持っていくのが難しいですが、オーディオブックだと何冊あっても重さが変わらないので助かります。

本を数冊ほど用意できると、気分によって読む本を変えることができるのがいいですね。

聴き放題プランなら、読書にかかるお金を減らすこともできるのでオススメです。

オーディオブック聴き放題なら - audiobook.jp

オーディオブックのデメリット

悩む

読める本の数が少ない

やはり紙の本や電子書籍と比べると、読める本の数が少ないです。

聴き放題プラン対象外の本もあるので、その場合は買うしかありません。

単語がわからないことがある

あまり聴きなじみのない単語が出てくると「ん?」となることもあります。

一部の単語がわからなくても、なんとなく文章の内容は伝わりますが、少しモヤモヤします。

図や表が多いと面倒

図や表が多いと再生を止めて、スマホの画面を確認する必要があるのがちょっと面倒ですね。

一度、電車内で再生したらスマホを操作したくないので、図や表が多い本は家で読もうと思いました。

まとめ

以上がオーディオブックを電車内で使っていて感じたメリットとデメリットです。

私は無料期間の途中なのですが、電車内で読書をするならオーディオブックのほうが便利ですし、読書代の節約にもなるので継続して使っていこうと思います。

気軽に読書ができるサービスだと思うので、スキマ時間で読書をしたい人や読書に挑戦したい人は、とりあえず聴き放題プランを試してみてはどうでしょうか?

オーディオブック聴き放題なら - audiobook.jp